オペラ映画フェスティバル2009

  • 2009年12月06日更新
東京・恵比寿にある東京都写真美術館において、クリスマス・シーズンの20日間、モーツァルトの代表的なオペラ「フィガロの結婚」「魔笛」「ドン・ジョヴァンニ」「コシ・ファン・トゥッテ」を映画化した傑作4作品が連続上映されます。
大好評だった昨年の開催に引き続き、今年も第2回目の開催が決定です。
歌詞の内容が分かりやすい映画字幕はオペラ入門用にも最適で、実際のオペラ公演よりはるかに手軽に鑑賞出来るこの機会に、ご覧になってみてはいかがでしょうか?
ロケーション撮影や豪華なセット、多彩な映画的表現による練り上げられた映像は、キャリアのピークにある歌手たちの、微妙な演技や息遣いにまでも迫り、多面体の魅力に満ち溢れています。
「フィガロの結婚」
婚礼の日を迎えたフィガロとスザンナは準備に大忙し。ところがお屋敷の主人アルマヴィーヴァ伯爵は、自らが廃止した領主の特権「初夜権」を復活させて、スザンナに手を出そうと企んでいる様子。さらにはお屋敷の問題児、小姓のケルビーノや、一癖も二癖もある連中が絡んでお屋敷は上へ下への大騒ぎ!さて二人は無事に婚礼までに辿りつけるのか?!
天才演出家ジャン=ピエール・ポネルによる、映画ならではの演出が見事な見所満載の作品。
「魔笛」
深い森の中、大蛇に襲われた王子タミーノは、彼を救った夜の女王の侍女たちから、ザラストロに捕えられた王女パミーナを救って欲しいと頼まれる。彼は女王から魔法の笛を受け取り、鳥刺しパパゲーノと共に見事救出に成功してパミーナと恋に落ちるのだが…
「映像の巨匠」イングマル・ベルイマンと、「合唱の神様」エリック・エリクソンという超強力タッグによる逸品のオペラ映画で、モーツァルトファン、オペラファン、映画ファン共に必見の名画!
1975年 アカデミー賞 衣裳デザイン賞ノミネート、セザール賞 外国映画賞ノミネート

モーツァルト4大オペラ〜モーツァルト4大オペラ〜 12月5日(土)-12月27日(日)

東京・恵比寿にある東京都写真美術館にて、モーツァルトの代表的なオペラ「フィガロの結婚」「魔笛」「ドン・ジョヴァンニ」「コシ・ファン・トゥッテ」を映画化した、傑作4作品が連続上映されます。大好評だった昨年に引き続き、今年も第2回目が開催されます。

歌詞の内容が分かりやすい字幕は、オペラ入門用にも最適で、実際のオペラ公演より手軽に鑑賞できるこの機会に、足を運んでみてはいかがでしょうか?

「フィガロの結婚」

フィガロの結婚婚礼の日を迎えたフィガロとスザンナは準備に大忙し。ところがお屋敷の主人アルマヴィーヴァ伯爵は、自らが廃止した領主の特権「初夜権」を復活させて、スザンナに手を出そうと企んでいる様子。さらにはお屋敷の問題児、小姓のケルビーノや、一癖も二癖もある連中が絡んでお屋敷は上へ下への大騒ぎ!さて二人は無事に婚礼までに辿りつけるのか?!
天才演出家ジャン=ピエール・ポネルによる、映画ならではの演出が見事な見所満載の作品。

「魔笛」

魔笛深い森の中、大蛇に襲われた王子タミーノは、彼を救った夜の女王の侍女たちから、ザラストロに捕えられた王女パミーナを救って欲しいと頼まれる。彼は女王から魔法の笛を受け取り、鳥刺しパパゲーノと共に見事救出に成功してパミーナと恋に落ちるのだが…。
「映像の巨匠」イングマル・ベルイマンと、「合唱の神様」エリック・エリクソンという超強力タッグによる逸品のオペラ映画で、モーツァルトファン、オペラファン、映画ファン共に必見の名画。1975年 アカデミー賞 衣裳デザイン賞ノミネート、セザール賞 外国映画賞ノミネート。

その他の上映作品等、詳細はこちら
上映スケジュールはこちら

■料 金
当日券:3,000円(税込)
前売り券:2,800円(税込)(※各上映回別・日時指定)
4作品セット前売り券:10,000円(※樂画会事務局にて取扱い)

■チケットのご購入方法などのお問合せ先:樂画会事務局 電話03-3498-2508
公式ホームページ:http://gakugakai.com

写真提供 T&Kテレフィルム
文/おすず

改行

  • 2009年12月06日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2009/12/06/644/trackback/