「山中崇」の検索結果: 3 件

6月公開映画 短評 ―New Movies in Theaters―

『6月公開映画 短評』メイン画像営業自粛していた映画館の再開が続々と決まり、公開延期になっていた作品の上映もみえてきた6月。スクリーン恋しさに身を焦がしていた映画ファンに、ミニシアライター注目の作品をお届けします!【LINE UP】6/5(金)公開 『燕 Yan』、6/13(土)公開『アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい』 『君がいる、いた、そんな時。』『なぜ君は総理大臣になれないのか』、6/19(金)公開『サンダーロード』 、6/26(金)公開『悪の偶像』 

映画館に行くきっかけとなる存在に―『転がるビー玉』などで気になる女優、萩原みのり

最近、気になる映画で見かける気になる女優の一人に萩原みのりがいる。2019年、『お嬢ちゃん』での感受性あふれる演技が評判を呼んだかと思うと、2020年は1月31日(金)公開の『転がるビー玉』に続いて、『37セカンズ』『街の上で』と出演作が目白押し。自身も気になる映画はなるべく映画館で観るようにしているという萩原に、縦横無尽に語ってもらった。

『菊とギロチン』〜瀬々監督入魂! 大正末期、自由に憧れ共に闘った女力士とアナキストの青春〜

映画『菊とギロチン』メイン画像大正末期に実在した、女相撲興行とアナキスト集団・ギロチン社の史実に基づく青春群像劇。時代に翻弄されながら「生きる意味」を求め、ガムシャラに立ち向かう女たち、男たち……世の中を変えたいと強く願い、闘いに挑む若者たちを、木竜麻生、東出昌大ら、フレッシュなキャストで描く。『ヘヴンズ ストーリー』の瀬々敬久監督による、30年にわたるオリジナル企画で、全シーンに気迫あふれる意欲作。全編疾走し続けるような力強さで、文句なしに楽しめる娯楽作品だ。7月7日(土)よりテアトル新宿ほかにて全国順次公開