新春は才気あふれる若手監督の作品をスクリーンで—武石昂大監督特集上映「カレーとチャーハン時々、オトン。」

  • 2019年11月20日更新

※画像はクリックで拡大表示

“人”と“物”に感謝する作品を作りたい——
注目の新鋭監督が描く、新しくも懐かしい4作品を上映!

若干24歳の新鋭・武石昂大監督の特集上映「カレーとチャーハン時々、オトン。」が2020年1月25日(土)より、池袋シネマ・ロサにて一週間限定で開催される。

武石監督は1995年、東京生まれ。高校3年生の文化祭をきっかけに映像制作を始め、 日本大学芸術学部映画学科監督コースに進学。在学中もカリキュラムとは別に自主的に映像制作を続け、初監督作品の『おるすばんの味。』が「第5回八王子 ShortFilm 映画祭」学生部門グランプリほか多数の映画祭にて入選・入賞に輝いた。さらに、昨年5月には同作が「第 71 回カンヌ国際映画祭」で上映されるなど、いま最も注目すべき若手監督のひとり。現在は映画を中心に、MV、プロモーションビデオの監督としても幅広く活躍中だ。

「“人”と“物”に感謝する作品を作りたい」と語る武石監督が紡ぎ出す物語は、最新の映像美の中にもどこか懐かしさを感じさせる。本特集では、武石監督が手掛けた“食と家族と生きる。にまつわる”4本の短編、『チャーハン』『おるすばんの味。』『明日かえるために、今日おきる。』『父、かえれ!』が上映される。

4作品目にして最新作の『チャーハン』では、前作『父、かえれ!』に続いて武石作品2度目の出演となる根矢涼香と、監督の高校時代からの友人で『止められるか、俺たちを』『Iʼs-アイズ-』ほか多数の話題作に出演中の伊島空、オーディションで本作主演に抜擢された門田宗大の俳優陣が顔を揃え、スタッフ陣は録音に『カメラを止めるな!』の古茂田耕吉、音楽は武石作品の全作品を担当する余宮魁登が務める。

上 映 作 品

最新作『チャーハン』

監督:武石昂大 撮影:道川昭如
録音:古茂田耕吉 音楽:余宮魁登
ヘアメイク:田部井美穂
プロデューサー:吉田哲平、仮屋園太海
プレス:小倉実果
出演:門田宗大、伊島空、根矢涼香

一人暮らしの倉田透の元に家なし職なしになった男・飯田伸太郎が現れる。自分の家のように振る舞う伸太郎を気にも留めない透だったが、伸太郎の不可解な行動を透の彼女 沙耶は疑っていた。

映画『おるすばんの味。』メイン画像『おるすばんの味。』

第 71 回 カンヌ国際映画祭上映
The 6th China International Micro-Films Exhibition 最優秀撮影賞

監督:武石昂大 撮影:崎広亮太
録音:松本麟 音楽:余宮魁登
出演:本田七海、平岡まい、小林万里子、前田敏光、片岡礼子

母・ゆかと二人暮らしの少女・みゆきの夕ご飯はいつも決まって母が作り置きしておくカレーだった。寂しさからみゆきは母の作ったカレーを捨ててしまう。その日から14年、20歳になったみゆきは亡き母のカレーを思い出すのだった……。

『明日かえるために、今日おきる。』

監督:武石昂大 撮影:高間賢治
録音:水本大輔、宮崎渉大、与田香菜子
音楽:余宮魁登  整音:北摂プロダクション 助監督:林晃平
出演:河合透真、千歳ゆう、萩原正道、梅澤寛容、吉岡そんれい、ひらたむねあき、小島奈菜子、矢島康美、ひと:みちゃん

毎日、あの手この手で起きようとするがいつも寝坊してしまう林尚弘は、学校やバイトにも行けず自分の居場所を見失っていた。いつしか、部屋に自分にだけ見える少女が現れ……。

『父、かえれ!』

監督:武石昂大 撮影:守屋良彦
撮影助手:伊藤敏一、田島幸
録音:斎藤十三 録音助手:野田英樹
制作:都楳勝 ヘアメイク:田部井美穂
音楽:余宮魁登 プロデューサー:森田茂才 製作:八王子日本閣
出演:ひと:みちゃん、根矢涼香、梅澤寛容、岸本愛、マイケル・ファンコーニ、片岡 礼子

新婚夫婦の瀬菜と祐樹のもとに、14年前に家を追い出された瀬菜の父・茂がやってきた! 茂を受け入れない瀬菜をよそに、周囲に溶け込んでいく茂。茂はなぜ今になって瀬菜の前に現れたのか……?

 

武石昂大監督特集上映「カレーとチャーハン時々、オトン。」予告編

「カレーとチャーハン時々、オトン。」公式Twitter

※2020年1月25 日(土)〜1月31日(金)、池袋シネマ・ロサにて一週間限定上映

 

編集:min

  • 2019年11月20日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2019/11/kodaitakeishi_sp/trackback/