『夏少女』— 早坂暁が反戦・反核の思いを込めて描いた、ひと夏のファンタジー

  • 2019年08月01日更新

完成から23年の時を経て初の劇場公開へ

映画『夏少女』メイン画像『夢千代日記』ほか数々のドラマ・映画脚本を手掛けた、日本を代表する脚本家・早坂暁。彼が自身の原爆体験を踏まえて執筆した幻の名作映画『夏少女』が、この夏に公開される。

桃井かおりを主演に迎え、『若者たち』『不撓不屈』などの名匠・森川時久監督がメガホンを執った本作が完成したのは、1996年。製作時の諸事情から四半世紀ものあいだ封印されていたが、早坂暁生誕90周年の今年、奇跡的にオリジナルネガが発見されて初の劇場公開を迎えることとなった。

不思議な少女と一家が過ごすひと夏のファンタジー

映画『夏少女』サブ画像2

瀬戸内海に浮かぶ人口3000人の小さな島に住む、12歳の少年マモル。母(桃井かおり)は郵便船の船長として家計を支え、父(間寛平)は一日の大半をゴロゴロと寝そべりながら雑貨屋を営んでいる。一見、平穏に暮らす家族だが、母も父もそれぞれがヒロシマに落ちた原爆の傷跡を心に抱えていた……。

ある日、マモルはヒロシマの河原で“原爆瓦”を拾って供養している老女に出会い、瓦の一片を手渡される。それを境に、マモルの前には赤い服を着た美しい少女が現れるようになる。しかし、少女の姿はマモルの家族にしか見えていないようだ。彼女は、ヒロシマの過去と現在をつなぐ化身なのか ……?

穏やかな日常にも色濃く残る原爆の傷跡

映画『夏少女』サブ画像4美しい海と自然に囲まれた島で暮らすマモルの家族。少しだらしのない父親と、働き者の母親のあいだで、元気にスクスクと育ったマモルだが、12歳になった夏休みに両親が抱える苦悩を初めて聞かされる。

父は幼いころにヒロシマで被爆し、母も胎内被曝をしていた。その血が我が子へ受け継がれていくことへの不安を両親はずっと抱えて生きていた。両親のなかで終わっていない戦争を漠然と感じるマモルだが、そこへ赤い服の少女が現れる——。

映画『夏少女』サブ画像3少女は“原爆瓦”に焼き付いた被爆者の思いの化身なのか? 正体はわからない。しかし3人は、幻影の少女に原爆の確かな痕跡を見る。

父は恐怖と悔恨の記憶を、母は“被ばくした血”の呪縛を、マモルは自分と歳のかわらない少女が遺した思いを、それぞれに投影する。戦争が終わっても風化することのない、大きな傷跡がそこに描かれる。

不思議な少女。彼女の望むことはごくありふれたものだ。夏の朝にラジオ体操をすること、母親に甘えること、女性へと成長していくこと。そんな日常から、突然消えた幼い子どもたちの思い。この物語は、被爆者たちの無念に早坂が寄り添い描いたものだ。

当時のパンフレットに早坂はこんな言葉を残している。

私たちは、心に被爆すれば彼らが見える”

早坂暁が込めた、最愛の妹への思い

そして、本作を早坂がどうしても書きたかったもう一つの理由に、最愛の妹・春子への思いがある。

春子は、赤ん坊のときに早坂の実家の前に捨てられていた。兄妹として育った二人は、いつしか互いに恋心を抱くようになる。早坂が海軍学校へ行っているとき、春子は母から兄と血の繋がりがないことを聞かされ、喜びのまま兄のもとへと向かうが、ヒロシマへ足を踏み入れたところで、原爆に焼かれてしまう……。

早坂は、そのことを知らず、海軍学校から引き上げる途中でヒロシマを通り、焼野原で無数の遺体から発せられたリンが蒼く燃えていたのを見たという。そのなかに春子もいたのかもしれない。

春子を通して体験した原爆というものを表現したいと思っていた早坂は、後に胎内被曝から白血病を患う芸者の人生を綴った『夢千代日記』を発表する。そして春子をきちんと送ってやるために本作を書いたという。

23年の時を経てスクリーンに映し出されるひと夏のファンタジーは、そんな切なさを通して、戦争を知らない世代に「心の被爆」を訴えかける。
不思議な少女の存在に、あなたは何を思うだろうか?
ぜひ、劇場に足を運んでほしい。

 

▼『夏少女』作品・公開情報
(1996年/日本/91分)
監督:森川時久
脚本:早坂暁
出演:桃井かおり、間寛平、矢崎朝子、藤岡貴志、影山仁美、朱門みず穂、高原駿雄、川上夏代、坂田明(特別出演)
製作:内野谷典昭、鍋島淳、中川紗知子
撮影:東原三郎 照明:三荻国明
美術:竹内公一 録音:本田孜 音楽:桑原研郎 監督補:須藤公三
配給:© 『夏少女』上映委員会

ポレポレ東中野 公式サイト

※2019年8月3日(土)より2週間限定、ポレポレ東中野にて終戦記念モーニングショー上映

文:min


  • 2019年08月01日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2019/08/natsushojo/trackback/