『藍色少年少女』舞台挨拶付き親子試写会 5組10名様ご招待

  • 2019年07月07日更新

青い鳥を追い求める心の物語

第25 回キネコ国際映画祭日本作品賞長編部門にノミネートされた『藍色少年少女』が、2019年7 月26 日(金)より全国順次公開される。これを記念して、7 月22 日(月)に行われる舞台挨拶付き親子試写会に5組10名様をご招待! 3人のお子さんを持つ歌手のhitomiさんがゲストとして登壇予定となっている。

映画『藍色少年少女』チラシ画像『藍色少年少女』
(2016年/日本/130 分 )
脚本・監督:倉田健次
プロデューサー:柳田ありす、結城貴史
出演:遠藤史人、三宅花乃、広澤草、結城貴史、結城貴史、野田幸子、前川正行
製作:ふじのキッズシアター 藍色少年少女製作委員会
制作:KURUWA.LLC
配給・宣伝:アルミード
『藍色少年少女』公式サイト

 

 

<あらすじ>
いつもと違う夏。
外で遊ぶ事を抑制されて生活している福島の子どもたちを、「保養活動」として招き入れる自然豊かな町で、少年テツオは元気に暮らしていた。

ある日、福島の子どもたちに演劇を披露する事になったテツオは、福島から訪れた少女シチカと共に『幸せの青い鳥』の主役に抜擢される。
演技に悩むテツオは、町に住むガラス職人の女性・ミチルに尋ね、「実際に町へ出て、青い鳥を探してみれば? 青い鳥は笑顔の中に住んでいるよ」と教えられる。

青い鳥を探し始めるテツオとシチカは、さまざまな場所に出向き、出会った人間の七色のような人生に触れていく。
二人は苦悩しながらも、子どもの持つ純真な心で、住民の抱える人生の綻びをつむぎ出していく。シチカが福島へ帰る日が迫る中、舞台の当日がやってくる。テツオとシチカはありったけの力を使って、出会ったすべての人々の心を救済しようと疾走していく。

そして少年と少女は自分たちだけの青い鳥を手に入れる……。

※2019年7 月26 日(金)より、アップリンク吉祥寺ほか、全国順次ロードショー!

☆読者プレゼント☆
『藍色少年少女』舞台挨拶付き親子試写会
5組10名様ご招待!

日時:2019年7月22日(月)
開場 17:40  開映 18:20(舞台挨拶 18:00〜)
登壇者(予定):hitomi(歌手)
場所:映画美学校 地下1F試写室(東京都渋谷区円山町 1-5  KINOHAUS 地下1F、渋谷駅下車Bunkamura 前交差点左折)
*親子限定 5組10名様
*なお、当イベントに関するお問い合わせは下記アドレスまでお願いいたします。
 配給・宣伝 アルミード (hirano5929@gmail.com

プレゼントご希望の方は、プレゼント専用メールアドレスから奮ってご応募ください。

【応募方法】
下記の必須事項をご記入の上、プレゼント専用アドレスにメールを送信してください。
・お名前
・郵便番号・ご住所
・お電話番号
・性別(親御様・お子様)
・年齢(親御様・お子様)
☆プレゼント専用メールアドレスminitheater.go.present@gmail.com
応募締切:2019年7月14
日(日) 23:59
※応募は締め切りました。
たくさんのご応募、ありがとうございました。

映画『藍色少年少女』メイン画像※ご当選者の発表は、品物の発送をもって代えさせていただきます。
※複数のご応募は2通目以降を無効とさせていただきます。
※メールアドレスとお電話番号は、品物が届かなかった場合のご連絡等に使用させていただく場合がございます。
※抽選・イベント内容に関するお問い合わせには、返答できませんのでご了承ください。
※郵便事故等が発生した場合の品物の保証は致しかねます。
※ご送信いただいた個人情報は、プレゼントの抽選・発送のためだけに使用し、抽選後は速やかに破棄します。
商品は映画配給元より発送させて頂きます。
招待券の使用方法や内容につきましては配給会社に直接お問い合わせください。

  • 2019年07月07日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2019/07/aiiro_present/trackback/