『ポーランド映画祭2018』— 独立回復100周年記念・名作映画、女性監督ほか多彩な特集を展開

  • 2018年11月09日更新

「ポーランド映画祭2018 フライヤー2018年11月10 日(土)~11月23日(金・祝)、7回目を迎える『ポーランド映画祭』が恵比寿・東京写真美術館ホールにて開催される。昨年に引き続き、監修はイエジー・スコリモフスキ監督。開幕日の10日(土)には、脚本に参加した『水の中のナイフ』(ロマン・ポランスキー監督)上映後のトークイベントに登壇予定だ。

 

 

※スケジュール、チケット、ゲストイベント等の詳細情報は『ポーランド映画祭2018』公式サイトよりご確認ください。

 

 

今回も、スコリモフスキ監督80歳記念、ポランスキー監督85歳記念、ポーランド独立回復100周年記念、ポーリッシュ・シネマ・ナウ!、ヴァレリアン・ボロフチク監督、女性監督といった特集が目白押し。「ポーリッシュ・シネマ・ナウ!」からは、ポーランドで2017年の最高傑作と評されたという『クリスマスの夜に』、「ポーランドの女性監督たち」からはウッチ映画大学で現地スタッフと映画を撮り続ける水谷江里監督の『お願い、静かに』に注目したい。

そのほか、ワイダ、スコリモフスキ、ポランスキーといった巨匠たちの名作や、日本公開時に話題になった『イーダ』や『ゆれる人魚』など、選りすぐりの26作品が上映される。秋も深まるこの時期に、ポーランド映画の奥深い魅力を十分に堪能してほしい。

『ポーランド映画祭2018』ラインナップ(監督名/製作年)

<祝・スコリモフスキ監督 80歳記念!>
『ムーンライティング』(イエジー・スコリモフスキ/1982年)
『イレブン・ミニッツ』(イエジー・スコリモフスキ/2015年)

映画『ムーンライティング』メイン画像

『ムーンライティング』
©1982 MICHAEL WHITE LTD.

<祝・ポランスキー監督 85歳記念!>
『水の中のナイフ』(ロマン・ポランスキー/1962年)
『ロマン・ポランスキー 初めての告白』(ローラン・ブーズロー/2012年)

映画『ポランスキー 初めての告白』メイン画像

『ロマン・ポランスキー 初めての告白』©2011 ANAGRAM FILMS LIMITED. ALL RIGHT RESERVED.

<ポーリッシュ・シネマ・ナウ!>
『メモリーズ・オブ・サマー』(アダム・グジンスキ/2016年)
『マリア・スクウォドフスカ=キュリー』(マリー・ノエレ/2016年)
『ゴッホ~最期の手紙~』(ドロタ・コビエラ、ヒュー・ウェルチマン/2017年)
『クリスマスの夜に』(ピオトル・ドマレフスキ/2017年)
『ピウスツキ・ブロニスワフ~流刑囚、民族学者、英雄~』(ヴァルデマル・チェホフスキ/2016年)

映画『クリスマスの夜に』メイン画像

『クリスマスの夜に』

<ポーランド独立回復100周年記念 名作映画から見るポーランド史>
『夜と昼』(イエジー・アントチャック/1975年)
『灰とダイヤモンド』(アンジェイ・ワイダ/1958年)
『戦場のピアニスト』(ロマン・ポランスキー/2002年)
『大理石の男』(アンジェイ・ワイダ/1976年)
『約束の土地』(アンジェイ・ワイダ/1974年)
『リベリオン ワルシャワ大攻防戦』(ヤン・コマサ/2014年)
『ヴォウィン』(ヴォイチェフ・スマジョフスキ/2016年)

映画『約束の土地』メイン画像

『約束の土地』© STUDIO FILMOWE “PERSPEKTYWA”

<ポーランドの女性監督たち>
『ポコット 動物たちの復讐』(アグニェシュカ・ホランド、カシャ・アダミック/2017年)
『顔』(マウゴジャタ・シュモフスカ/2017年)
『ゆれる人魚』(アグニェシュカ・スモチンスカ/2015年)

ポーランドの女性監督たち・短篇3作品(3作品同時上映)
『お願い、静かに』(水谷江里/2017年)
『こんな風景』(ヤゴダ・シェルツ/2013年)
『チプカ』(レナータ・ゴンショロフスカ/2016年)

映画『お願い、静かに』メイン画像

『お願い、静かに』©Państwowa Wyższa Szkoła Filmowa, Telewizyjna i Teatralna

<アンコール上映>
『サルト』(タデウシュ・コンヴィツキ/1965年)
『イーダ』(パヴェウ・パヴリコフスキ/2013年)

映画『イーダ』メイン画像

『イーダ』©Phoenix Film Investments and Opus Film

<ヴァレリアン・ボロフチク特集>
『ラブ・エクスプレス ヴァレリアン・ボロフチクについて』 (クバ・ミクルダ/2018年)『罪物語』(ヴァレリアン・ボロフチク/1975年)

映画『ラブ・エクスプレス』メイン画像

『ラブ・エクスプレス』©2018 CoLab Pictures – HBO Europe s.r.o. – Insytut Adama Mickiewicza – Maagiline Masin – Otter Films

 

>>『ポーランド映画祭2018』予告編映像<<


▼『ポーランド映画祭2018』開催概要

2018年11月10日(土))-11月23日(金・祝)東京都写真美術館ホールにて開催!
*11/12、11/19は休館のため上映なし。

監修:イエジー・スコリモフスキ
主催:ポーリッシュ・フィルム・インスティテュート/ポーリッシュ・フィルムメイカーズ・アソシエーション/ポーランド広報文化センター/CULTURE.PL/スコピャ・フィルム/マーメイドフィルム/VALERIA
協力:フィルムスタジオ・カドル
後援:駐日ポーランド共和国大使館
配給:マーメイドフィルム
配給協力:コピアポア・フィルム
宣伝:VALERIA

『ポーランド映画祭2018』公式サイト

文:吉永くま

◇こちらの記事もおすすめ
『ポランスキー 初めての告白』栄光と苦悩に満ちたスキャンダラスな人生を語る

『イーダ』自分のルーツを探す旅に出た戦争孤児の少女。美しいモノクロ映像が彼女の心の成長を映し出す

『ゆれる人魚』〜ポーランド発、東欧の不思議な音楽と、美少女人魚のホラー・ファンタジー

  • 2018年11月09日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2018/polandfilmfes/trackback/