【画像で楽しむイベントレポート】『第32回東京国際映画祭』レッドカーペット

  • 2019年11月05日更新


2019年10月28日(月)に華々しく幕を開けた、第32回東京国際映画祭(以下、TIFFと表記)。メイン会場の六本木ヒルズで行われたレッドカーペットには、今年も豪華絢爛な約400人もの映画人が世界中から駆けつけた。オリジナル画像満載のレポートで、当日の模様をお届けします!(レポート:min 撮影:鈴木友里
※画像はクリックで拡大


今年のミューズは広瀬アリス!

一昨年は特別招待作品の『巫女っちゃけん。』、昨年は日本映画スプラッシュ部門選出の『銃』と特別招待作品の『旅猫リポート』でTIFFのレッドカーペットを歩いてきた広瀬アリスが、今年はついにフェティバル・ミューズに就任!

「皆さまにとって、すてきな1本に出会えますように。たくさんの人に映画の素晴らしさを伝えていきたい」

襟元のデザインが花びらを彷彿とさせる白いミニドレスに身を包み、まさに大輪の花が咲いたような美しさで会場を魅了した。

 

みずみずしい才能が集結!

左:「PFFアワード2019」グランプリ受賞作『おばけ』の中尾広道監督、準グランプリの『雨のやむとき』山口優衣監督と、キャスト&スタッフの皆さん。

右:「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019」受賞作『サクリファイス』壷井濯監督とキャスト&スタッフの皆さん。


サンダンス映画祭ほか世界中の映画祭を席巻した『WE ARE LITTLE ZOMBIES』から、長久允監督 とキャストの二宮慶多、奥村門土、水野哲志が登場。キャストの3人は、劇中よりちょっぴり大人に。

 

 

 

人気俳優&映画人が続々登場!

特別招待作品『ひとよ』から、白石和彌監督、佐藤健、鈴木亮平、昨年のファスティバル・ミューズを務めた松岡茉優。人気・実力ともに脂の乗った感のある4人の登場に、会場の温度が一気に上がる。

 

『フォークロア:TATAMI』から、斎藤工監督と北村一輝、神野三鈴。斎藤監督は「北村さん、神野さんという素敵な俳優さんたちと、またアジアを代表する監督方と立てることを誇りに思います」とコメント。神野が手に持った藁人形がインパクト大!

 

 

『百円の恋』の足立紳が初の自伝的小説を映画化した『喜劇 愛妻物語』チーム。足立監督、主演の濱田岳、水川あさみらが登場!

水川は、窪田正孝との結婚後初の公の舞台。会場中から祝福の声が上がっていた。

 


『37セカンズ』のHIKARI監督、佳山明、神野三鈴、大東駿介、渡辺真起子、熊篠慶彦、板谷由香、萩原みのり、芋生悠。

過保護な母と閉鎖された生活を送ってきた脳性麻痺のユマが、ある出来事で出会う人々によって未知の世界を切り開いていく物語。

 

大森立嗣監督、渾身のオリジナル脚本で描く『タロウのバカ』ご一行。大森監督、YOSHI、仲野太賀、奥野瑛太、豊田エリー、植田紗々、角谷藍子、門矢勇生、荒巻全紀、ACE、葵揚ほか13名でにぎやかに登場!

 

 

 

鳴かず飛ばずのフォトグラファーと読者モデルの恋と青春を描く『猿楽町で会いましょう』チームから児山隆監督、金子大地、石川瑠華、栁俊太郎、小西桜子、 長友郁真 、呉城久美 、前野健太。栁の剃髪姿と小顔ぶりにびっくり!

 

 

 

小さな口論から火がついた隣人同士の対立がネットや報道を巻き込み、ふたりの女の運命を狂わせていく姿を描く『ミセス・ノイズィ』。天野千尋監督、篠原ゆき子、大高洋子、長尾卓磨、米本来輝、新津ちせ、三坂知絵子、風祭ゆき、三輪隆、安倍隼也ほか総勢12名が登場。

 

 

左:注目の若手俳優、望月歩の映画初主演作となる『五億円のじんせい』チーム。文晟豪監督、脚本の蛭田直美、望月、森岡龍が登場。

右:中学校の陸上部を舞台に、複雑な家庭背景を持つ14歳の少女の葛藤と成長を描く『テイクオーバーゾーン』の山嵜晋平監督、吉名莉瑠、内田慈、糸瀬七葉。

 

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』で主人公・北條すずの声優を務めたのんは、純白のドレスで登場。すっかり大人びた雰囲気と変わらぬ透明感で、女神のような美しさ。会場中からため息が漏れた。

 

個性的なファッションが光るチーム!

小林啓一監督作品『殺さない彼と死なない彼女』チームは、宮祥太朗、桜井日奈子、恒松祐里、ゆうたろう、堀田真由、箭内夢菜ら、若手スターが勢揃い。両脇を固めるのは、小林監督と音楽の奥華子。それぞれが個性的なドレスで輝いていた。

 

ビビッドな衣装でひときわ目立っていた『タイトル、拒絶』チーム。どうしようもない人生でも生きていかなくちゃいけないデリヘル嬢たちの姿を描く、山田佳奈監督自身の同名舞台初の映画化にして長編デビュー作。伊藤沙莉、恒松祐里、片岡礼子、佐津川愛美ほか総勢14名が並ぶ姿は圧巻!

 

特別招待作品『“隠れビッチ”やってました。』主演の佐久間由衣。大きく開いた胸元とスリットから美脚が大胆にのぞくドレスに、ハードな印象の黒いシューズとソックスを合わせ、健康的な色気を振りまいていた。さわやかな笑顔がチャーミング!

日本のヒップホップ界の歴史的名盤と言われるSEEDAの同名アルバムにインスパイアされて製作された『花と雨』チーム。土屋貴史監督、SEEDA、主演の笠松将、大西礼芳、岡本智礼、中村織央、光根恭平、紗羅マリー、花沢将人、音楽プロデューサーのcalumecs、プロデューサーの藤田晋氏など登場総勢11名が登場! 大西のドレスと赤いエナメルのブーツがオシャレ。つま先のデザインにも注目。

 

現代社会の暗部にフォーカスしながら親と子のつながり、家族の絆を問う物語、『どうしようもない僕のちっぽけな世界は、』の倉本朋幸監督、郭智博、古田結凪、和希沙也、冨手麻妙、カトウシンスケ、後藤剛範。冨手のドレスとブーティーの組み合わせがステキ!

 

チャン・ツィイー、アリシア・ヴィキャンデル、
小林直己、今市隆二、佐野玲於、
水原希子、宮野真守ほか
日本映画界の重鎮や海外セレブも登場!
次ページへ>>


第32回東京国際映画祭メインビジュアル▼『第32回東京国際映画祭』開催情報
日時:2019年10月28日(月)〜 11月5日(火)
会場: 六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区)ほか
主催:公益財団法人ユニジャパン(第32回東京国際映画祭実行委員会)

●『第32回東京国際映画祭』公式サイト

取材・編集・文:min スチール撮影:鈴木友里

  • 2019年11月05日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2019/TIFF_RC1/trackback/