市川はるひ

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』先行上映+トークイベント〜『この世界の片隅に』との驚くべき共通点〜セバスチャン・ローデンバック監督×片渕須直監督

大人のためのグリム童話 トーク画像1
7月某日、渋谷・ユーロスペースで、8月18日公開『大人のためのグリム童話 手をなくした少女(以下、『大人のためのグリム童話)』の、トークショー付き先行上映が開催されました。トークショーに登壇したのは、本作監督のセバスチャン・ローデンバック、そして『この世界の片隅に』の片渕須直監督。『大人のためのグリム童話』と『この世界の片隅に』には、アニメーションである以上に驚くべき共通点があり、両監督はお互いの作品づくりに深い興味を持っているとのこと。そんなお2人から、作品をより楽しめる話をたっぷり聞くことができました。

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』〜流れるような筆絵が鼓動する! ダイレクトに心へ響く驚愕のアニメーション〜

大人のためのグリム童話メイン画像グリム童話を物語のベースに「現代に通じるヒロイン」の生き様を描く 長編アニメーション。悪魔と取引する父に手を切られてしまった少女が、自分の居場所を求めて、旅に出る。弾むように動く簡略化された筆絵の線に、風景や色など、いくつものレイヤーを重ねた、美しい絵画的な世界がスクリーンに広がる。東京アニメアワードフェスティバル・長編アニメーショングランプリ受賞、アヌシー国際アニメーション映画祭・審査員賞&最優秀フランス作品賞のW受賞。8月18日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開。

8月公開映画 短評 ―New Movies in Theaters―

8月短評_トップ画像8月公開映画の中から、ミニシアライターが気になった作品をまとめてピックアップ! 今回は、ジョージアの巨匠による三部作、英国人気文学の実写化作品、80~90年代制作の幻の映画、味わい深いロードムービー、最旬キャストの青春ストーリー、珠玉の法廷エンターテイメントなど、個性豊かな7作品をご紹介。気になる作品はぜひ劇場で! 【LINE UP】祈り 三部作〜『祈り』『希望の樹』『懺悔(ざんげ)』〜(8/4〜)、『追想』(8/10〜)、『ちょっとの雨ならがまん』『ファー・イースト・ベイビーズ』『ポップ・アイ』(8/18〜)、『クリミナル・タウン』(8/25〜)、『判決、ふたつの希望』(8/31〜)

『ウインド・リバー』〜荒れ果て雪に閉ざされた”保留地”で繰り返される、事実に基づく惨劇〜

映画『ウインド・リバー』メイン画像わずか全米4館の限定公開から話題を呼び、2,095館へと拡大したクライム・サスペンス。現実に米国内に点在するネイティブアメリカンの”保留地”強制移住という社会問題を突きつけながら、クオリティの高いストーリー性と、迫力ある人間ドラマで観るものをグイグイと引きつける。孤高の猛獣ハンターと、新人FBI捜査官の女性が、心を通わせながら事件を解明していく「バディもの」としても楽しめる、見ごたえたっぷりの作品。7月27日(金)より角川シネマ有楽町ほか全国公開。© 2016 WIND RIVER PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVE

『菊とギロチン』〜瀬々監督入魂! 大正末期、自由に憧れ共に闘った女力士とアナキストの青春〜

映画『菊とギロチン』メイン画像大正末期に実在した、女相撲興行とアナキスト集団・ギロチン社の史実に基づく青春群像劇。時代に翻弄されながら「生きる意味」を求め、ガムシャラに立ち向かう女たち、男たち……世の中を変えたいと強く願い、闘いに挑む若者たちを、木竜麻生、東出昌大ら、フレッシュなキャストで描く。『ヘヴンズ ストーリー』の瀬々敬久監督による、30年にわたるオリジナル企画で、全シーンに気迫あふれる意欲作。全編疾走し続けるような力強さで、文句なしに楽しめる娯楽作品だ。7月7日(土)よりテアトル新宿ほかにて全国順次公開

7月公開映画 短評 ―New Movies in Theaters―

映画『君が君で君だ』メイン画像7月公開映画の中から、ミニシアライターが気になった作品をまとめてピックアップ! 今回は、豪華キャストが声優を務めるクレイアニメ、感動のドキュメンタリー、話題の邦画、バレエやフラメンコが楽しめる作品など、バラエティ豊かな7作品をご紹介。気になる作品はぜひ劇場で!
【LINE UP】『アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~』(7/6〜)、『君が君で君だ』『ボリショイ・バレエ 2人のスワン』(7/7〜)、『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』『子どもが教えてくれたこと』(7/14〜)、『ラ・チャナ』(7/21〜)、『ヒトラーを欺いた黄色い星』(7/28〜)

『馬の骨』〜「イカ天」から30年……元ヴォーカリストの中年男と地下アイドルが、志を共に奮起する!〜

映画『馬の骨』メイン画像30年前、一世を風靡したバンド輩出番組・通称「イカ天」に、実際に出場していたバンド「馬の骨」のヴォーカリストで、現在は俳優に転身している桐生コウジが、自ら企画・主演した、オフビート音楽コメディー。悩める地下アイドルのヒロイン役に朝ドラ等で活躍してきた若手女優・小島藤子を迎え、中年男の再起と若者の成長を同時に描く。平成が終わりを告げようとしている今だからこそ作られた、不器用なアマチュアミュージシャンたちの、世代を超えた熱いハートの物語。6月2日(土)テアトル新宿ほか全国順次公開

6月公開映画 短評 ―New Movies in Theaters―

6月公開映画短評トップページ画像6月公開映画の中から、ミニシアライターが気になった作品をまとめてピックアップ! 今回は、北欧のキュートな映画、フジコ・ヘミングのドキュメンタリー、パレスチナの女性たちを描いた会話劇の3作品をご紹介! あなたが気になるのは、どの映画!? 【LINE UP】『オンネリとアンネリのおうち』(6/9〜)、『フジコ・ヘミングの時間』(6/16〜)、『ガザの美容室』(6/23〜)

『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』〜あまりに有名な”あの1枚”の秘話。数々の著名人による貴重なインタビュー〜

映画『SUKITA』メイン画像デビッド・ボウイをはじめ、イギー・ポップ、マーク・ボラン、YMO、忌野清志郎ら、名だたるミュージシャンを撮影し、時代を切り取ってきた写真家・鋤田正義(すきたまさよし)の活動歴を追ったドキュメンタリー。鋤田が撮影した、音楽ファンならずとも知る、アルバムジャケット、ポートレイトを取り上げ、その撮影にまつわるエピソードを、国内外の著名人が語る。豪華なインタビューシーンをたっぷり収録しているが、その華やかさと対照的な写真家・鋤田の真摯な姿勢と素朴な人柄も印象的だ。5月19日(土)新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開

5月公開映画 短評 ―New Movies in Theaters―

5月公開映画の中から、ミニシアライターが気になった作品をまとめてピックアップ! 今回は、実在の事件の映画化作品や、ダニエル・デイ=ルイスの引退作など、話題の7作品をご紹介します! あなたが気になるのは、どの映画!? 【LINE UP】『ボストン ストロング 〜ダメな僕だから英雄になれた〜』(5/11〜)、『29歳問題』『サムライと愚か者-オリンパス事件の全貌-』(5/19〜)、『ゲティ家の身代金』(5/25〜)、『男と女、モントーク岬で』『軍中楽園』『ファントム・スレッド』(5/26〜)