『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!』

  • 2011年08月23日更新

冴えない刑事コンビがアメリカの巨悪に立ち向かわされる???アメリカをネタにコメディ職人の技が冴えわたる。
スター刑事の活躍に沸くNY市警。そんなスーパースターを遠くから見つめるのは冴えない刑事コンビ、アレンとテリー。スター刑事があっけなく殉職する中、「次のスター刑事は俺達だ!」と鼻息荒いテリーだが、アレンは地味な建築の違法案件に興味を示す。逮捕されたのは大投資家アーション。取るに足りない事件のはずなのに逮捕者は強引に連れ去られ、上司からはこれ以上の捜査を禁じられる。不審に思った冴えない刑事コンビが突き詰めたのはアメリカを揺るがす巨額金融詐欺事件だった。伝説的なアメリカのテレビ番組『サタデー・ナイト・ライブ』でアメリカ社会を容赦なくおちょくり続けたコメディ職人、ウィル・フェレルとアダム・マッケイ監督が今度はNY市警を舞台にアメリカをバッサリと笑いで切り倒す。ヒューマントラストシネマ渋谷、横浜ブルク13ほか全国順次ロードショー

脇役刑事のジミ~なお仕事に潜んでいるのは世界を揺るがす金融詐欺!
NY市警。派手な逮捕劇でメディアの注目の的になるセレブ刑事を遠くから見守る二人の脇役刑事がいた。むやみに熱いテリーとむやみにデスクワークが好きなアレン。手柄があげられず、鳴かず飛ばずの二人は恨めしくセレブ刑事を眺める毎日だったが、スーパースターがあっけなく殉職する。日の目を見ることのなかったテリーとアレンにもついに脚光をあびるチャンス!と行きたいところだが、事務処理大好き引きこもり刑事、アレンのおかげでフットワークはすこぶる悪い。そんな中、珍しくアレンが反応したのは建物の足場設置不許可違反をした建築主を逮捕する誰も見向きもしない地味な案件。ぶつぶつと文句をいうテリーだが、アレンが逮捕したのは大投資家のアーションだった。移送の最中、白昼堂々何者か強引な方法でアーションを連れ去っていく。身ぐるみはがされとぼとぼと署に戻った二人は、上司のマウチ警部からこの件から手を引くように言い渡されれる。どうにも納得がいかない二人は捜査を続行するとアーションが巨額の金融詐欺事件に関わっていることが浮かび上がる。

見どころは、爆破シーンとセレブリティ…ではなくて爆破とセレブにビビる脇役達。
セレブ刑事を演じるのは本物セレブのサミュエル・L・ジャクソンとドウェイン・ジョンソン。街中でマグナム弾を発射させ、派手なカーチェイスで高級車を次々をつぶすハリウッドの刑事映画のアクションシーンが繰り広げられる。が、『アザーガイズ』の見どころでは何といってもビビりまくりの脇役刑事、アレンとテリー。「映画の俳優は爆発しても平気なのに」とおびえまくるリアルに冴えない刑事達のためにアクションシーンがひと際うなり、響くのだ。


見るものすべて、触るものすべてをおちょくるコメディ職人、匠の技。
主演のウィル・フェレル、アダム・マッケイ監督は伝説的なアメリカのテレビ番組『サタデー・ナイト・ライブ』でアメリカ社会を容赦なくおちょくり続けたコメディ職人。どんなものも笑いに変えるコメディ職人が今回料理するネタは「不死身で無敵でド派手な刑事映画」から「FBI」,「スターウォーズ」、「大リーグ」「ブロードウェイミュージカル」・・・とにかく今のアメリカで見るもの、聞くもの、触るもの、全てが笑い。分かりやすいものから、小ネタまでくまなくぎっしりと仕掛けられている。ちょっとした瞬間にも笑いが潜んでいるので心して見ていただきたい。

怒りを越えて笑う最大のおちょくりはエンドクレジットに。
コメディ職人の最大のおちょくりはアメリカ国家をおちょくること。投資家アーションの言葉「過剰こそアメリカの手段」は端的にアメリカという国を語り、その過剰を笑い物にする。映画を締めくくるエンドクレジットに出てくるのは、今のアメリカを象徴する様々な統計データ。この国で誰が損をして誰が得をしているのか?アメリカのゆがみを淡々と映し出す数字にもまた別の笑いがこみ上げる。客席の照明がつくまで気を抜かないで。



▼『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!』作品・公開情報
2010年/アメリカ/110分
原題:The Other Guys
監督:アダム・マッケイ『俺たちニュースキャスター』『タラテガ・ナイト オーバルの娘』『俺たちステップ・ブラザース-義兄弟-』)
脚本:アダム・マッケイ、クリス・ヘンチー
出演:ウィル・フェレル、マーク・ウォルバーグ、エヴァ・メンデス、マイケル・キートン、スティーヴ・クーガン、レイ・スティーヴンソン、サミュエル・L・ジャクソン、ドウェイン・ジョンソン ほか
配給:日活

●『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!』公式サイト
※8月20日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、横浜ブルク13
ほか全国順次ロードショー
(C) 2010 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.


文:白玉

  • 2011年08月23日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2011/08/23/18210/trackback/