フランス映画祭 2011―リュック・ベッソン団長のもと、13プログラムが集結!

  • 2011年06月23日更新

フランス映画の魅力に酔いしれる、至福の4日間 ― フランス映画祭 2011が、6 月23 日(木)~26 日(日) に、有楽町朝日ホールほかにて開催されます。

『アーサー3(仮)』を引っさげて来日するリュック・ベッソン団長のもと、ラヴ・ストーリー、人間ドラマ、ドキュメンタリー、アニメーションと、ヴァラエティに富んだ全13プログラムが集結。長編はもちろん、短編も充実のラインアップです。

さあ、4日間しかありません。あなたは、どの作品に会いに行きますか?

当サイトでは、ベッソン監督の『アーサー3(仮)』と、レベッカ・ズロトヴスキ監督の『美しき棘』に大注目。上映後におこなわれる監督のトークショーも必聴です。

『アーサー3(仮)』

オープニングを飾るのは、ベッソン団長の監督作『アーサー3(仮)』。『アーサーとミニモイの不思議な国』、『アーサーと魔王マルタザールの逆襲』に続く、待望のシリーズ第3弾です。遂にマルタザールとの決戦を迎えるアーサーと仲間たちを、手に汗握って応援しましょう!

『アーサー3(仮)』
フランス/2010年/100分
原題:”Arthur 3, la guerre des deux mondes”
監督:リュック・ベッソン
出演::フレディ・ハイモア ミア・ファロー
声の出演:ジェラール・ダルモン ミレーヌ・ファルメール マルク・ラヴォワーヌ
販売元:角川映画
コピーライト:(C)2010 EUROPACORP – TF1 FILMS PRODUCTION – APIPOULAÏ PROD- AVALANCHE PRODUCTIONS Images et Effets 3D – BUF

『美しき棘』

2010年にカンヌ国際映画祭の批評家週間で上映された話題作が、いよいよ日本にお目見え。期待の新鋭、レベッカ・ズロトヴスキ監督の長編処女作です。家族から孤立している17歳の少女・プリューデンスが、違法のバイク・レースの世界へ身を投じる物語。居場所を探して哀しく漂う主人公を演じるレア・セドゥさんの演技から、目も心も離せません。2011年6月現在、日本での配給は決定していないので、この機会を逃したら観られるチャンスはないかも?

『美しき棘』
フランス/2010年/80分
原題:”Belle épine”
監督:レベッカ・ズロトヴスキ
出演:レア・セドゥ アナイス・ドゥムスティエ
コピーライト:(C)Shelby Duncan

《フランス映画祭 2011 上映作品》

長編作品
『この愛のために撃て』 フレッド・カヴァイエ監督
『ハートブレイカー』 パスカル・ショメイユ監督
『アーサー3(仮)』 リュック・ベッソン監督*
『美しき棘』 レベッカ・ズロトヴスキ監督*
『Chantrapas (原題) 』 オタール・イオセリアーニ監督*
『匿名レンアイ相談所』 ジャン=ピエール・アメリス監督*
『6階のマリアたち』 フィリップ・ル・ゲー監督
『マムート』 ブノワ・ドゥレピーヌ監督 ギュスタヴ・ケルヴェン監督
『セヴァンの地球のなおし方』 ジャン=ポール・ジョー監督*
『消えたシモン・ヴェルネール』 ファブリス・ゴベール監督
『トムボーイ』 セリーヌ・シアマ監督
『パリ猫の生き方』 アラン・ガニョル監督 ジャン=ルー・フェリシオリ監督

短編作品(1プログラムとして上映)
『ロープ』 ヴラディミール・マヴニア=コウカ監督
『世界中がジュ・テーム』 セシル・デュクロック監督
『直立不動の男』 フエッド・マンスール監督
『ピアノ調律師』 オリヴィエ・トレイナー監督*
『娼婦になっていたかも』 バヤ・カスミ監督
『エリーズ』 マチュー・イポー監督

※『消えたシモン・ヴェルネール』の主演ジュール・ペリシエさんと、*印の監督は、来日してイベントをおこないます。その詳細や各作品の内容は、フランス映画祭 2011の公式サイトをご参照ください。

当サイトでは、リュック・ベッソン団長とレジーヌ・アッチョンドさん(ユニフランス・フィルムズ代表)による記者会見と、来日ゲストが一堂に会するオープニングセレモニーを取材します。リポートをお楽しみに!

▼フランス映画祭 2011 開催概要
期間・会場:6 月23 日(木)~6 月26 日(日) 有楽町朝日ホール他にて
主催:ユニフランス・フィルムズ
共催:朝日新聞社
後援:フランス文化・コミュニケーション省-CNC ユビフランス 東京日仏学院 在日フランス大使館 パリ市
協賛:ソシエテジェネラル信託銀行 LVT TV5MONDE
特別協力:TOHOシネマズ
Suppoting Radio:J-Wave
協力:ショートショートフィルムフェスティバル&アジア
運営:ユニフランス・フィルムズ 東京フィルメックス
宣伝:アステア
フランス映画祭 2011 公式サイト
※詳しい上映スケジュール等は、公式サイトをご参照ください。

文:香ん乃

▼関連記事
フランス映画祭 2011―リュック・ベッソン団長ほか来日映画人の、「今」の日本への想い。
レッドカーペット写真館「フランス映画祭2010」
『旅立ち』カトリーヌ・コルシニ監督に単独インタビュー「フランス映画祭2010」
ジェーン・バーキン、バーキン持って登場「フランス映画祭2010」
フランス映画祭2010


  • 2011年06月23日更新
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2011/06/23/16484/trackback/