『ブラッド・スウェット&ギアーズ』—反ドーピングを掲げツール・ド・フランスに挑む無名プロサイクリングチームの熱き闘いの日々

  • 2011年06月08日更新

毎年7月に行われる世界最高峰のロードレース「ツール・ド・フランス」。その開催を目前に、『サイクルロードレースの世界』と題した特集上映が東京・渋谷のアップリンク・ファクトリーほかで6月4日から全国順次公開中だ。レースでは決して見せることのない選手達の素顔や苦悩、出場チームを支えるスタッフやプロチーム運営の難しさなど、様々な側面から密着したドキュメンタリー映画3作品が上映される。

ツール・ド・フランスは約3週間の日程で距離約3500km、高低差2000m以上というコースを走り抜く過酷なレースだ。100年以上の歴史を持ち、世界各国で放映されるレース映像の視聴者数は数十億人にものぼる。日本でも昨今の自転車ブームで俄然注目が高まっているが、その裏では相次ぐ選手のドーピング事件という深刻な闇を抱えている。

特集上映のオープニング作となる『ブラッド・スウェット&ギアーズ』はサイクルロードレース界が失いつつあった信頼を取り戻すため、レースにおいての薬物使用をしないことを公言し正真正銘の勝負に挑んだチームの、文字通り血と汗の日々を追った作品だ。

— 「僕たちは改革への原動力だ。」ドーピング問題に真正面から立ち向かう

2007年冬、アメリカ・コロラド州ボルダーで無名のプロサイクリングチームが、大きな夢に向けて一歩を踏み出そうとしていた。反ドーピングを掲げ、ツール・ド・フランスに挑戦するチーム、スリップストリームだ。エース選手であるデーヴィッド・ミラーは過去に自らのドーピング問題で選手生命の危機にさらされた経験を持つ。スポンサーから寄せられる期待、結果を残さなければならない運営側のプレッシャー、誰かが薬物を使えばそれに勝つためには自分も使わざるを得ない。そんな悪循環から抜け出せないジレンマ。しかし、一度でも薬物使用が発覚すれば、その代償はあまりにも大きい。けれどロードレース界に広がるこの問題に声を上げることは大きなプレッシャーを伴う。なぜなら、正真正銘の実力で闘い、勝ってこそ初めてその真価を世の中に知らしめることができるからだ。

— 日々繰り返される勝利の喜びと挫折

ひたむきに勝利に向かい、自らの限界へと挑んで行く選手達の日常を追いながら、本作ではその心の葛藤までも浮き彫りにして行く。ケガや不調に苦しみ、家族とのすれ違いやチーム内の激しいポジション争いに時には心を苛まれながらも、その一つ一つを乗り越えてチームの固い絆を結んで行く。トップアスリートだからこそ求められる肉体的、精神的な強さに加え、人間的な資質までを日々問われる選手達の苦悩が赤裸々に描かれ、キャメラはそんな選手達の等身大の姿と彼らを支える周囲の人々をまっすぐにとらえ続ける。

— ほんの一握りの人間だけが見ることができる風景

本編では様々なレースのシーンが迫力満点に描かれる。そのスピード感は痛快そのものだが、落車や事故の映像では思わず手に汗を握る。しかし、やはり圧巻なのはラストを飾るツール・ド・フランスだ。スクリーンから伝わる熱気と臨場感。雄大な自然の中を駆け抜ける選手達は優雅ですらある。全ての選手の夢と全てのトレーニングの日々がここに集約され、選ばれし者達だけが見ることができる風景。その真意まではとても理解できないだろうが、ゴールのパリ・シャンゼリゼで目に飛び込んで来る凱旋門の美しさは、この映画で選手達と93分間をともに駆け抜けた観客の目にもひときわ感動的に映ることだろう。

▼『ブラッド・スウェット&ギアーズ』作品情報
2009年/アメリカ/93分/カラー/英語ほか/ステレオ/16:9/HD
原題:”BLOOD SWEAT AND GEARS: RACING CLEAN TO THE TOUR DE FRANCE”
製作・監督:ニック・デイヴィス
撮影:マイナー・ストラッチャン ナイジェル・ディック
編集:エリック・ダッガー ペネロープ・フォーク
音楽:ジョエル・グッドマン ミュージック・ボックス
出演:デーヴィッド・ミラー マイク・フリードマン クリスティアン・ヴァンデヴェルデ マニュス・バクステッド ジョナサン・ヴォータース
コピーライト:(C) 2009 Sundance Channel L.L.C. All Rights Reserved.

▼『サイクルロードレースの世界』作品・上映情報
上映作品
『ブラッド・スウェット&ギアーズ』
『ビヨンド・ザ・プロトン2009 BEYOND THE PELOTON SEASON1』
『ビヨンド・ザ・プロトン2010 BEYOND THE PELOTON SEASON2』
配給:J SPORTS
配給協力・宣伝:アップリンク
『サイクルロードレースの世界』公式サイト
※2011年6月4日(土)より渋谷アップリンク・ファクトリーほか全国順次ロードショー。詳細は公式サイトをご参照ください。
画像は『ビヨンド・ザ・プロトン2009 BEYOND THE PELOTON SEASON1』より (C) 2009 çervelo SA

文:min


  • 2011年06月08日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2011/06/08/16332/trackback/