『レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー』-怖がりながら密かに笑うアイスランドムービー

  • 2011年06月05日更新

ホエール・ウォッチングで名高いアイスランド、レイキャヴィク。鯨との触れあいを求めてツアーに参加した6組の乗客は航路の途中で船長を失い遭難。捕鯨船に住む貧しい地元の漁師家族に救助されるがそこで待ち受けていたのは… 日本人のタフなメイド役として裕木奈江が出演。捕鯨船で繰り広げられる惨劇の裏側に風刺の効いたブラックユーモアが光るアイスランド映画。6月4日(土)より、銀座シネパトス、新宿K’s cinemaほか全国順次公開

「この国に来たことを後悔させてやる」鯨ウォッチングの乗客が連れて来られたのは捕鯨船だった。
ホエール・ウオッチングを目的として多くの観光客が訪れるアイスランド、レイキャヴィク。金持ちの日本人夫婦を始め世界各地から集まった6組の乗客を乗せて観光船は出航。港を出て鯨見学に向かう途中、ペートゥル船長が事故に遭い重傷を負う。操縦者を失い遭難する乗客はトリグヴィという男が操る小船に救い出されるが、乗客がたどり着いたのは古ぼけた捕鯨船だった。親しげに話しかけるトリグヴィの家族達。しかし、その手に密かに握られていたのはクジラを捌くナイフ。「まだだ、慌てるな」トリグヴィは家族にささやく。 一人の乗客の携帯電話が鳴り、連絡が取れると喜んだ瞬間、それは惨劇の始まりでもあった。

元銀行強盗?!ユニークな経歴のプロデューサーがつなぎ合わせたアイスランドの才能
「酒を飲みながら人を殺し、その一方で詩人としての才能を発揮する人物、そういう一人のバイキングに僕らアイスランド人は惹かれるんだ」と語るプロデューサーのイングヴァール・ソルダソン。人間がもつ残虐性と繊細さ、その矛盾したものを受け入れ、惹かれるアイスランドの国民性が垣間見える。ソルダソン自身、かつて銀行強盗を実行したものの警察に見つかってしまった経歴を持ちながら一方でヨーロッパ映画アカデミー会員と二面性をもったユニークな豪傑プロデューサー。『悪魔のいけにえ』の俳優ガンナー・ハンセン、脚本担当には『ダンサー・イン・ザ・ダーク』でアカデミー賞歌曲賞にノミネートされたシオン・シガードソン、音楽担当には神官としても活躍?するヒルマー・ウーソン・ヒルマソンとアイスランドを代表する才能がプロデューサーによって集められている。

日本人ではない、人間裕木奈江のタフさ
90年代アイドルとして活躍した裕木奈江。守ってあげたくなるようなキャラクターで男性ファンの圧倒的な支持を得ていたが、本作では日本人のメイド、エンドウとしてタフな役柄で登場。「日本人という以上に、あらゆる状況を利用しながら生きようとする役として描きたかった」とジュリアス・ケンプ監督が語るように、ストレスを抱えたメイドの絶望的なポジションから這い上がろうとする強さは世界の映画製作現場を渡り歩く裕木奈江のタフさと重なりあう。


捕鯨船の惨劇の中に潜むアイスランド流ブラックユーモア
捕鯨船で繰り広げられる惨劇の裏側に潜むのはアイスランド流の切れ味鋭いブラックユーモア。ケンプ監督が描く「全員をおちょくっている」ユーモアの矛先は全方位的に誰かれ構わず容赦なく向けられる。ペコペコお辞儀をするカメラを持った日本人も酒呑みのだらしいないフランス人も捕鯨船に住む狂気に満ちたアイスランド人も全く同じ土俵でおちょくられている。惨劇の中にあるからこそ、緊張感のなかでユーモアを楽しみたい。

 

 

▼『レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー』作品・上映情報
2009 年 / アイスランド / 88 分
監督:ジュリアス・ケンプ
脚本:シオン・シガードソン
プロデューサー:イングヴァール・ソルダソン、ジュリアス・ケンプ
音楽:ヒルマー・ウーン・ヒルマソン
出演:ピーラ・ヴィターラ、裕木奈江、テレンス・アンダーソン、ミランダ・ヘネシー、ガンナー・ハンセン、他
配給・宣伝:アップリンク
※『レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー』公式サイト
6月4日(土)より、銀座シネパトス、新宿K’s cinemaほか全国順次公開

▼関連記事
●映画の達人―映画監督 篠崎誠さん

文:白玉

  • 2011年06月05日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2011/06/05/16301/trackback/