映画の達人‐信じる?信じない?嘘の映画 瀬田なつき監督

  • 2011年03月08日更新

ビッグ・フィッシュ場面⑤(サブ)「映画の達人」映画界で活躍する皆さんに愛してやまない映画について語っていただくコーナーです。第7回目は『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』が公開中の瀬田なつき監督に「嘘」が出てくる映画について熱く語っていただきました。瀬田監督のノートには分類された「嘘」映画がずらり。どんでん返しの嘘、軽はずみな嘘、幻想の嘘などなど。そんな数ある嘘映画の中で瀬田監督が選んだ作品は嘘を取り巻く人間関係が楽しめる映画。嘘で生まれ変われる、嘘によってつながる、嘘で守る。人と人がいるから生まれる「嘘」の世界。バリエーション豊かな作品でお楽しみください。(c)2003 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

  

監督は嘘つき。さてあなたは監督のお勧めを信用しますか?Rサブ2
「スパイダーマンも、スーパーマンも真実の姿を隠している点で実は嘘の映画になるのではないでしょうか?!」 瀬田監督のこの衝撃の一言は、「嘘」映画の幅の広さと深さを物語る。嘘にも色々な嘘がある、相手をだます嘘、自分をだます嘘、社会を欺く嘘。加えてその嘘をとらえるカメラの角度は実に様々。嘘を暴く、嘘を客観的にとらえる、嘘を隠す、嘘を交差させる、嘘をひっくり返す。カメラを通して描かれる世界は虚構ということばだけでは語りつくせない、様々な嘘で満ちていている。しかし忘れてはならないのは嘘こそが私たちの心を動かすこと。嘘で動いた心は事実で真実。あなたも瀬田監督お勧めの「嘘」映画で真実の心の動きを感じてみよう。ちなみに監督からは「私はけっこう嘘つきですよ…嘘だけど」。監督のお勧めを信じるか信じないかはあなた次第だ。(C) 2010「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」製作委員会

  

瀬田なつきの「嘘」映画はこれを観ろ
1. 再生する嘘―『レディ・イブ』
2. 真実とつながっている嘘―『ビック・フィッシュ』
3. 騙され続けたい嘘―『トゥルーマン・ショー』
4. 嘘つき監督が作るウソ映画―『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』

  

1. 再生する嘘―『レディ・イブ』
1940年代のハリウッド黄金時代、興行的に盛り上がっていた時の映画ですね。このころのロマンティックコメディが好きなんです。美人詐欺師が「別人になろう」という嘘を思いつくところがすごい。嘘によって何回も別人として恋人と出会い直すのですが、騙される側の恋人は全く気付かずに出会い直す。嘘によって生れた虚構の世界であるにも関わらず、新しい世界にいることで、相手の知らない面、自分の知らない面を思いがけず見出します。主人公の女詐欺師も嘘を通して、女として磨かれて成長していくんです。

瀬田なつきの「嘘」映画はこれを見ろ。レディ・イヴ [DVD]
『レディ・イブ』(1941年 プレストン・スタージェス監督)
蛇の研究のため、南米滞在をしていたチャーリー。ビール会社の御曹司である彼は帰国の船で船内の女性から熱い視線を送られるが、蛇に興味はあるものの、女性と器用にやりとりなど出来ない初心な性格のためうんざりしてしまう。そんな中、偶然美しい女性ジーンと知り合うのだが、ジーンと父親は実は名高い詐欺師親子だった。1941年にNYタイムスで年間ベスト10で『市民ケーン』を抑えて一位となった、極上のロマンチックコメディ。

  

2. 真実とつながっている嘘−『ビック・フィッシュ』ビッグ・フィッシュ場面①(メイン)
この作品は主人公の父親が語る虚構の身の上話の世界と現実がパラレルで展開され、嘘が現実につながっていくとところがいいんです。嘘と真実が地続きになっているんですね。父親のほら話からスタートしているけれども、父親がいなくなった後も子ども達によって話は語り継がれ、嘘が本当の話に変化していく。ティムバートンのありえない話でも、その世界を信じれば真実につながると思えてくる。映画の世界が広がっていく感じがします。『ビック・フィッシュ』は『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』を作る時に頭の中にありました。みーくんは嘘だけどって言っているけれど。嘘は真実につながっているのかもしれません。(c)2003 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

瀬田なつきの「嘘」映画はこれを見ろ
2D_BIG_FISH『ビック・フィッシュ』(2003年 ティム・バートン監督)
父エドワードのほら話とも呼べる奇想天外な身の上話に閉口しているジャーナリストのウィル。ウィルの結婚式でエドワードが語った“釣り上げた大きな魚”の話で結婚式は大いに盛り上がったのだが、ウィルは自分の晴れの舞台を台無しにされたと怒り、父親との確執を深めた。そんなエドワードが病に倒れ、ウィルは父に再び向き合う。(c)2003 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
 

3. 騙され続けたい嘘―『トゥルーマン・ショー』HTB!_ƒgƒDƒ‹[ƒ}ƒ“ƒVƒ‡[_ol

子どもの頃、もしかしてこの世界は作りもので、周りの人が皆、役を演じてたりしたらどうしようみたいなよくわからない恐怖を抱いていました。陰謀みたいなものでだまされていたら怖いなと思っていたんです。怖い嘘ですね。コメディなのですが、 世界観がめっちゃ怖いです。別の世界の存在を知るよりも、だまされ続けていたほうが幸せ。ゾンビもそうですが、いっそ、なっちゃったほうがいいんじゃないかと(映画としては崩壊しますが…)。今の世界が嘘であるという恐怖はスリルに満ちています。(c) 1998 BY PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.

 

 

瀬田なつきの「嘘」映画はこれを見ろ
『トゥルーマン・ショー』(1998年 ピーター・ウィアー監督)
離島で保険のセールスマンとして平凡に暮らすトゥルーマン。ある日、いつものようにキオスクで新聞を買おうとした時に、死んだはずの父親がホームレスとしてあらわれた。トゥルーマンに気づかれたホームレスはその場で何者かによって連れ去られる。その物々しさにトゥルーマンはある違和感を覚え、周りを疑い始める。

  

嘘つき監督が作るウソ映画―『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』
サブ6R「嘘」という言葉の出てくる回数はどの映画よりも多いと思います(笑)。この映画には色んな種類の嘘が入っています。登場人物がその場で分かる分かりやすい嘘から、観客にしか分からない構造としての嘘、トリック的な嘘、そして観客を欺く嘘、なんというか嘘のデパート映画です。嘘はつく人とつかれる人の二者がいるからこそ成立する世界。どちらかが拒絶してしまったら終わってしまう。嘘の世界を保つぎりぎりのところでみーくん(嘘をつく側)とまーちゃん(嘘をつかれる側)が存在しているというのがこの作品の面白さだと思います。嘘をつかないと守ってあげられない、でも本当の自分も見せられない。ギリギリの関係。その関係性を楽しんでいただければ。(C) 2010「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」製作委員会

  

 

IMG_2708r恒例!靴チェック
前回ご出演いただいた加藤直輝監督と同じコンバースのスニーカー。活動的な監督の御用達ブランド。

 

 

 

IMG_2722r瀬田なつき監督プロフィール
1979年、大阪府生まれ。東京芸術大学大学院映像研究科修了。
監督作には『彼方からの手紙』(出演:スズキジュンペイ、朝倉あき)、『あとのまつり』(出演:中山絵梨奈、福田佑亮)などがある。また、メジャー映画初監督作品『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』が2011年1月22日公開された。

▼関連記事
『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』-嘘つきの嘘はほんと?

取材・編集・文・スチール撮影:白玉


  • 2011年03月08日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2011/03/08/14323/trackback/