笑う門には福来たる。年の始めは大笑い-新春!喜劇映画デラックス

  • 2011年01月17日更新

誰よりも金を愛す_C_国際放映2新しい年の始まりは映画を見て大笑いしよう。お正月は家でゴロゴロお笑い番組を見てすごした人も多いはず。そろそろ外に映画でも見に行きませんか?神保町シアターでは昭和の喜劇が大集合。理屈抜き、見れば腹の底から笑いがわきあがる笑いの世界。そのアクション、そのセリフ、50~60年前とは思えない洗練された笑いの世界に驚くはず。©国際放映

お笑い界のスーパースターてんこ盛り
エノケン、ロッパといった喜劇俳優から子どもアイドル美空ひばり。昭和の最強アイドルの喜劇映画がそろい踏み。泣く子も笑う、お笑い界のメジャーリーガーが集結。どれから見るか迷うところだが、まずは作品写真をチェック。ユーモアたっぷり、強烈インパクトのヴィジュアルの数々。今でも”新しい笑い”の世界を発見しよう。

極楽大一座 アチャラカ大当たり(C_東宝

『極楽大一座 アチャラカ大当り』
エノケン・ロッパ・金語楼の喜劇人協会による『アチャラカ誕生』の続篇。前作「最後の伝令」で大当たりをとった一座が、今回手がけるのが、アチャラカの名作「どんどろ大師」。トニー谷、三木のり平など若手とベテランの競演も魅力! “喜劇映画パラダイス” のシリーズです。 写真のエノケンがステキ過ぎ・・・。(C)東宝

誰よりも金を愛す_C_国際放映1

『誰よりも金を愛す』
“お金”をテーマにした爆笑篇。のり平が小原庄助の末裔に扮し、アチャコ、堺駿二、大宮デン助、脱線トリオが歴代の霊で登場。エノケンと金語楼、山田五十鈴もあっと驚くゲスト出演!寅次郎晩年の作品にして、戦後の斎藤寅次郎監督最高傑作!(C)国際放映

毘沙門天慕情(C)東宝『毘沙門天慕情』
国宝クラスの“たいこもち”ぽん助(森繁)を父に持つ現代青年の鯉次郎(砂塚)が一念発起、日本一の“たいこもち”を目指す。森繁、のり平、由利徹、伴淳など喜劇人の豪華出演陣も話題となった。上映される機会の少ない逸品。この機会を見逃さないで。(C)東宝

喜劇表紙

新春!喜劇映画デラックス
2011年1月3日(月)~2月4日(金)
会場:神保町シアター (公式サイト)
入場料金(当日券のみ)一般 ¥1,200/シニア・学生 ¥1,000

文:白玉

  • 2011年01月17日更新

トラックバックURL:http://mini-theater.com/2011/01/17/13551/trackback/